イベント

ペルセウス座流星群、2016年に観れる時間やおすすめスポットの場所を紹介!

2016/08/28

スポンサーリンク



MIYA151230539810-thumb-autox1600-20715

2016年、今年は三大流星群の一つ「ペルセウス座流星群」が観測できるようですね!

真夏に観測できる流星群なので、防寒具などの準備は要りませんせんしお子さんがみえる方は一緒に夏休みの思い出作りができるのではないでしょうか?

本記事では、実際に1番綺麗に観測できる時間帯とおすすめのスポットなども紹介していきたいと思います。是非とも観測の計画を立てるのにお役立ていただければ、と思います...!

ポケモンGO伝説のポケモン「ミュウ」の入手方法は?日本での出現場所を予想してみた。

 

2016年ペルセウス座流星群の概要

観測できる日     8月12日(日没) 〜 8月13日(明け方)

一番綺麗に見れる時間 8月12日、21時〜22時

見える方角      数が多いのでどの方向を向いていても見える

 

「ペルセウス流星群の歴史」

 ペルセウス座流星群は少なくても2000年近くは継続して観測されている歴史ある流星群です.記録も紀元前から始まり,様々なところで記録に残っています.その量はかなり膨大なものになります.1862年前後はかなりの規模の活動が見られたようです.その後もZHR60前後の活動が安定的に観測されています.
1991年に日本やアジアでZHR350(IMO記録)のピークが通常時の極大より少し前に観測され,多くの人を驚かせました.その後,1992年も日本やアジアの各地で多くの出現が観測.1993年以降は徐々にこのピークによる活動は衰退し,現在では従前の活動が残るのみとなっています.
一方,ダストトレイル理論により,2004年にはZHR150付近の突発的な活動が予想され,予想通りの出現が観測されました.それ以外は例年通りの活動が安定してみられています.

出典 : 流星電波観測国際プロジェクト

 

2016年、今年の一番綺麗に見える極大時刻は8月12日の21時〜のようです。

また、8月12日の前後の日においても比較的観測できるようなので、極大時刻の当日は予定が...という方は11日と13日を狙ってみましょう!

今年の8月12日は金曜日となっていますので、平日出勤のサラリーマンの方にはチャンスかもしれませんね。

 

ペルセウス座流星群2016のお勧めスポット(関東)

スポンサーリンク



「東京都」

武蔵野の森公園

アクセス1 西武線多磨駅から徒歩5分

アクセス2 R中央線「三鷹」南口から

小田急バス 朝日町または車返団地行き「野水一丁目」下車徒歩2分

 

東京都内ですが周りに高層ビルは少なく、夜には満天の星空を拝むことができます。

都心からも近いので、通勤ルートの方ならちょっと寄り道すれば楽しめますね!

 

奥多摩湖

アクセス 車での移動をおすすめします。

20140806-kuruma

出典 : (一社)奥多摩観光協会奥多摩町観光案内所

 

マイカーをお持ちの方には奥多摩湖が断然おすすめです。

周りに建物の明かりもなく澄み切った空気の為、非常に観測条件は良くロマンチックな星空と流星群が楽しめることでしょう...!

 

「神奈川県」

ヤビツ峠

アクセス 東名高速「秦野中井IC」から約30分

 

神奈川県秦野市の峠道を走っていくとたどり着く関東屈指の星空スポットです。

東京都の武蔵野の森公園、奥多摩湖と比べ集まる人も少なくなるかと思いますし、落ち着いた環境で流星群をウォッチできるのではないでしょうか。

もちろん周りには明かりがほとんどないので、とても綺麗に夜空を楽しめるかと思います。

 

さぁ、ペルセウス座流星群を観るために出かけよう!

今回、関東の有名どころに絞っておすすめ観測スポットを紹介いたしましたが、今後関西、中部や九州のスポットについても調査してまとめていきたいと思います。

観測日に外出する時は、長袖や薄手のジャケットなどもお忘れなく!真夏といえど深夜は結構冷えますので、体調を崩してお盆休みを台無しにしてしまわないように気をつけてくださいね。

東野佑美ってかわいいね。隅田川花火大会TV出演、アサヒビールイメージガール2016

スポンサーリンク



-イベント