美容、健康

米油(こめ油)は美容、美肌効果が高いらしい。【まる得マガジンでも紹介】

2016/08/28

スポンサーリンク



AI_IMG_7793_TP_V

美容、美肌に気を使っている皆さん「米油」はもう使用されていますか?

7月26日に放送される「まる得マガジン」でも紹介されるようですが、今「米油」のびよう、美肌効果が非常に注目されているようなので、調べてみました!

実際にどうのように使用するか、どの米油を選べば良いのか紹介していきますので、ご興味がある方は見ていってください。

 

米油とは?

まず、米油というものは何なのか?ということですが、その名の通りお米から作られた油です。

原材料は玄米を搗精した際の副産物である米糠である。日本では主食である米を原料にしているため、原料をほぼ国産で賄える唯一の植物油である。また、抽出工程のみを行う工場を含めれば、こめ油製造工場は北海道から沖縄県まで存在する。近年は東南アジアや米国からの輸入も行われているようだが、その量はごくわずかである。

出典 : wikipedia

健康に良いとされる油は他にもオリーブオイル、ごま油などありますが、国産の原料で作ることのできる唯一の植物油だそうです。

原材料が国産ということはかなり安心できる食品なのではないでしょうか。

 

米油の特徴

スポンサーリンク



米油にはオレイン酸が多く含まれることと、酸化に強いビタミンEが豊富なことが特徴的です。

その特徴の為か、日本製の油で揚げたスナック菓子は米油を使用しているものが多いそうです。

また、オリーブオイルのように美容オイルとして使用出来る事が近年注目されているようで、食用以外にも活用できるようです。

効能としては、シミ、シワ、くすみ等、お肌のトラブルに全般的に効果がある万能的な美容オイルとして使えるそうで、使用方法もとても簡単です。

 

米油を美容オイルとして使用する方法

米油は細かいレシピをもとに美容オイルを自作する必要はなく、普段使用されている化粧水などにほんの1、2滴混ぜて使用するだけで効果があります。

当然油なので入れすぎてしまうとヌルヌルになってしまうので注意ですww

 

これからの季節、特に夏は紫外線が気になりますので紫外線対策は万全に行っていきたいですが、帰宅してから日焼け止めをメイク落としで落とした後は、米油を添加した化粧水をお肌に塗りこんでシミ予防をしていくと良いと思います!

また、米油を実際に使用している方の中には「化粧の乗りが良くなった」という方が多数いるそうで、就寝前に使用することで次の日のお肌にもダイレクトに効いてくるようです。

 

そのままでも使用出来る米油

化粧水に混ぜて使用するのは主に顔などの部位ですが、髪の毛や体に使用する場合は米油をそのまま塗りこんでしまっても問題ありません。

紫外線で痛んでしまった毛先や、外出で露出してしまった肩には直で米油を塗って栄養を補給しましょう。

 

なお、最後になってしまいましたが揚げ物に使う油としても酸化しにくいという特性があるので、通常の菜種油などと比べ長持ちします。この機会に一家に1本米油を常備してみてはいかがでしょうか...?

美肌クイーン葵わかなの秘密とは...?

こちらもオススメ、急成長中のモデル桃果ちゃんの記事

スポンサーリンク



-美容、健康